「すき」と暮らす

走りすぎない。堅いことなしに、好きに暮らそう。

記事を更新するために必要な「心もち」の話

 

f:id:rnizuki:20190925170125j:plain

 

「すき」と暮らす の、梅田ミズキです。

 

ライターの右腕ともなりうる、ブログ。

毎日更新しているライターやブロガーは、実はほんのわずかです。

 

だって毎日って、結構大変な作業。

 

そんな中、私は今日、一日で大量の記事を執筆しました。

その数、実に9記事。

 

自分でも、どうにかなっちゃったんじゃないかと思うくらい、ひたすらキーボードを叩いていました。

これから先、これほど集中が切れずに執筆出来る日があるか、ちょっと自信ありません。

それほど、今日の私はギラギラだった。

 

 

今日何故私が、ここまで集中を切らさずに記事を書くことが出来たのか。

記念すべき本日10個目のこちらの記事に、書き記してみようと思います。

 

 

 

 

ブログ更新の通常ペースは?

 

このブログに全身全霊を注いでいます^^

と言いたいところなのですが、私はこのブログの他にも、外部のメディアでライターをしていたりします。

 

今現在、執筆しているメディアは2つ。

1つは、タイトルから構成、記事内容、画像選定まで全てこちらで行うもの。

そしてもう1つは、タイトルや構成はメディア側から指定があり、記事内容や画像選定のみこちらで行うもの。

 

はっきり言って、私にとってはどちらも魅力的。

なので、結構やりこんでしまいます。

 

次にブログですが、はっきり言って、とてもとても魅力的。

自分の執筆によって伝えたいことが明確化されるのは、メディアへの納品も同じことなのですが、やはり「自分のサイトを持つ」ということは、ライターにとってはある種の存在価値になるというのかな。

 

だからこそ、私にとってはもう少し頻繁に更新出来たらと思うのですが、今の時点での更新ペースは、週に2~3コンテンツ。

 

2日に1記事、と言ったところでしょうか。

 

少ない・・・・・・・!

 

 

1記事の作成にかかる時間って?

 

これは本当に、各ライターさんの力量によります。

 

って言ったらお話はすぐに終わってしまうので、私の場合ですこし説明いたしますね。

 

こちらの、タイムスケジュールの記事を見ていただければ分かるのですが、

www.rnizulog.com

 

私の毎日は、わりと細やかな時間割で流れています。

 

もうちょっと気楽にいこうよ~って、自分でも思います。(もしかすると十分気楽かも)

でもこれも結局は、私の性格からくるもの。

 

仕事とプライベートの間にちょっぴりすきまが欲しい私は、出来なかった仕事を「子どもが寝たあとに・・・」と出来ないのです。

というわけで、出来なかった仕事は、全て翌日へ。

 

もちろん、納期が近いメディアの記事は優先的に執筆します。

メディアの記事に時間がかかるかもしれないことを踏まえて、ブログ記事の作成にかかっている時間は、1コンテンツにつき1~2時間ほど。

 

これが早いと感じるか遅いと感じるかは、今これを読んでくださっているあなた次第ですが、結局記事に大切なのは、「掛けた時間よりも出来上がった内容」

 

自分のコンテンツでも外部メディアのコンテンツでも、やりこめばやりこんだだけ必ず執筆スピードは上がっていきますし、コツも掴んできます。

 

つまり、早さは後から付いてくる。

 

観点がガラリと変わったある言葉

 

そもそも、私は今日は何故、ブログに色を付けていくことに没頭したのか。

 

ある夜、ある先輩ライターさんからのTwitterのDMに、こんなことが書いてありました。

私の、「SEOはみっちり勉強した方が良いですよね?」という質問に対しての回答です。

 

料理における包丁さばき、に似てると思います。

包丁さばきがうまい方が早く綺麗に料理ができるのは間違いないけど、味付けがダメだったら本末転倒ですもんね…笑

 

なんだか、はっとしました。

私、次々に知識を蓄えていかなくては!と、焦りすぎていたのでは?と。

 

確かに、SEO大事です。ものすごーーく、大事です。

ですが、焦って覚えた知識を一気に詰め込んだところで、良い記事になるとは限りません。

 

中途半端になったり雑な記事になってしまうより、ある程度時間はかかっても、丁寧に学びどう生かしていけるかに重きを置く。

そのほうが、良いコンテンツが出来上がるように思います。

 

あとは、とにかく地道に記事を更新し続ける。

ひたむきに、まっすぐに、執筆し続ける。

この忍耐や根性があるかどうかで、道が大きく分かれます。

 

ちなみに先輩ライターさんからのこの言葉、私の今後のライター人生の軸になりそうな、それ程の出会いでした。

 

頂いた文章を読むたび、溜め息が止まらなかった。

小手先だけで物事を見てはいけないですね。

 

記事を更新するために必要なのは、「自分を良く知ること」

 

自分は今どのくらいの時間を持ち合わせていて、いかほどの実力があって、何が好きで、誰のために、何を伝えたいのか。

自分自身のことを熟知しておくことが、記事の執筆をより豊かで楽しいものに繋げてくれます。

 

記事作成のノウハウも、HTMLの勉強も、SEO対策もつらいつらい!と思ったライターのみなさん!

私はブロガーでもアフィリエイターでもなくライターなので、超超専門的な知識は持ち合わせていませんが、「積み重ね」っていうのは必ず身になります。

必ず、です。

 

あまり肩肘張らずに、ちょっぴり気楽に、「自分の伝えたいことって何だっけ」と原点に戻ってみることで、今日も少し記事が書きやすくなるかもしれません。

 

 
Twitter https://twitter.com/mizulifejp
(@mizulifejp)

Instagram https://www.instagram.com/rnizuki.jp/
(@rnizuki.jp)

 

 ▼お問い合わせ・お仕事依頼はこちらからお願いいたします

tayori.com