「すき」と暮らす

走りすぎない。堅いことなしに、好きに暮らそう。

塩ひとつまみで色鮮やか。果肉ごろっとキウイジャムレシピ

 

 

 フリーライターの梅田ミズキです。

 

f:id:rnizuki:20210117155717j:plain

 

 1、2、3、4、5.........。。。17個...?

 

 

 

   

 果肉ごろっとキウイジャムを作りました

 

f:id:rnizuki:20210118003355j:plain

 

お正月に、キウイをたっぷりいただきました。

 

そのまま切りわけて食べても、サラダに入れても、キウイソースにしてもローストビーフに使っても(という想像をしても)、まだ余る量。

 

そのうち6個から、甘みと酸味を生かしたキウイジャムを作りました。ごろごろとした果肉感を残して、さっぱりかつジューシーに。

 

▼ 大量のくだものが手に入るたび ジャムへと変換しがち

www.rnizulog.com

 

今回はひとつまみの塩を入れて、グリーンの鮮やかさも残してみました。

料理の調味料はだいたい目分量の私ですが、いざ。。。(エプロン装着)

 

▼ キウイジャムに使った材料はこちらです

 

  • キウイ      6個
  • 砂糖(上白糖)  250g
  • レモン汁     大さじ1
  • 塩        ひとつまみ

 

キウイに酸味があるのでレモン汁は迷いましたが、ほんのり加えました。

あたためているうちにキウイからじゅわっと水分が出るため、水を入れる必要はなさそうです。

 

果肉ごろっとキウイジャムの作り方

 

f:id:rnizuki:20210124110844j:plain

 

  1.  キウイの皮をむいて荒いみじん切りにする
  2.  1とひとつまみの塩を鍋に入れて火にかける
  3.  水分が出てきたら砂糖を加える
  4.  ていねいにアクを取りながら弱火で煮る
  5.  透明感が出てきたらレモン汁を加えてとろっとするまで煮つめる

 

それでは。。。(腕まくり)

 

 

1.キウイの皮をむいて荒いみじん切りにする

 

f:id:rnizuki:20210116013141j:plain

17個のうち6個を使います

 

f:id:rnizuki:20210117160005j:plain

つるり

キウイのポリフェノール食物繊維は、皮と果肉の間にびっしり。なるべく果肉ぎりぎりに沿って皮をむきたいところですが、果肉が熟してやわらかく、包丁ではすべりやすかったため、ピーラーで縦方向にむきました。

 

f:id:rnizuki:20210117161531j:plain

スライスして

 

f:id:rnizuki:20210117161452j:plain

コロコロ

 果肉感を残したかったので、サイコロほどの大きさにしました。

 

2.1とひとつまみの塩を鍋に入れて火にかける

 

f:id:rnizuki:20210117161632j:plain

鍋にキウイを入れて、上から塩をひとつまみ

 

f:id:rnizuki:20210117161714j:plain

ゆっくり混ぜながら火にかけます

 

3.水分が出てきたら砂糖を加える

 

f:id:rnizuki:20210117161744j:plain

火にかけてしばらくすると 水分が出てきました

 

f:id:rnizuki:20210117161815j:plain

果肉をつぶさないように。。

 

f:id:rnizuki:20210117161914j:plain

砂糖を入れます

 

f:id:rnizuki:20210117161947j:plain

どば

 

f:id:rnizuki:20210117162036j:plain

ゆっくり混ぜ合わせます

 

f:id:rnizuki:20210117162116j:plain

しっとりとなりました(むき残しの皮を発見)

 

4.ていねいにアクを取りながら弱火で煮る

 

f:id:rnizuki:20210117162158j:plain

煮込んでいるとアクが出てくるので

 

f:id:rnizuki:20210117162233j:plain

ていねいにすくいます

加熱をしすぎて変色した経験があるので、アクをすくった後は弱火で煮ました。ちなみにいちごジャムやりんごジャムは、個人的には「強めの中火」がしっくりきます。

 

 

 

5.透明感が出てきたらレモン汁を加えてとろっとするまで煮つめる

 

f:id:rnizuki:20210117162259j:plain

レモン汁を投入しました(急に湯気…?)

 

f:id:rnizuki:20210117162343j:plain

心持ちつややかになってきました

 

f:id:rnizuki:20210117162452j:plain

ことこと煮詰めて水分を減らします とってもいい感じ

 

f:id:rnizuki:20210117162535j:plain

甘酸っぱいいい香り 完成です

 

保存は煮沸したビンに

 

f:id:rnizuki:20210117162615j:plain

粗熱を取って 煮沸したビンに詰めます 

 

ジャムの保存ビンは、あらかじめ煮沸消毒しておきます。

 

▼ 煮沸消毒の方法についてわかりやすい記事がありました 

gohanjp.com

 

まだ熱を持っているキウイジャムを味見したら、果肉がもちもちとしていて、きゅっと甘酸っぱい。成功です(にんまり)

 

▼ ジャム瓶は 手のひらサイズで冷蔵庫にも収まりやすいものを使っています

 

ひとことメモ

 

f:id:rnizuki:20210201111304j:plain

 

キウイのビタミンCはレモンよりも多い

 

キウイには、ビタミンCビタミンEなどのビタミン、カリウムなどのミネラル、食物繊維などがバランスよく含まれています。とくにビタミンCは、レモンよりも多いのだそう。本当ですか...?

 

▼  本当でした

www.kudamononavi.com

 

塩ひとつまみで鮮やかな色に

 

キウイジャムにひとつまみの塩を加えるだけで、煮つめた後もキウイの鮮やかなグリーンが保てます。味もほんのりとまろやかになりました◎

 

グラニュー糖でもOK

 

今回は上白糖を使いましたが、淡泊な甘さのグラニュー糖でも合いそうです。三温糖は甘みが強いので、キウイの酸味を残したい場合はややミスマッチかもしれません。

 

▼ 過去に砂糖の特徴をまとめていたのでした

  • 上白糖:別称「白砂糖」。結晶が細かく、しっとりソフトな風味。
  • グラニュー糖:クセのない淡泊な甘さ。コーヒー・紅茶・お菓子作りなどに。
  • 三温糖:黄褐色で、コクと甘みが強い。煮物・佃煮・お菓子作りに。
  • 白双糖:無色透明で、高級なお菓子や飲料に使われることが多い。
  • 中双糖:黄褐色で、表面にカラメルがかかっている。煮物や佃煮に。
  • 黒砂糖:さとうきびの絞り汁を煮詰めたもの。濃く奥深い甘みと強い風味がある。
家にあるもので簡単に。こっくり甘いりんごジャムレシピ - 「すき」と暮らす

 

 

アレンジもできるキウイジャムは常備向き

 

f:id:rnizuki:20210125131844j:plain

 

少し水を加えて煮るとそのままキウイソースになりますし、ヨーグルトやコンデンスミルクと混ぜて凍らせれば、キウイの果肉たっぷりのアイスバーに。

 

クッキーの真ん中のくぼみに乗せて焼いたり、グラスの底に入れてサイダーを注いだりも◎。

 

とはいえ私は、できたてをはふはふ食べるのが好きでした。お菓子にもおかずにも活用できるキウイジャムは、作り置きにぴったりですよ。

 

f:id:rnizuki:20210117162702j:plain

パンケーキに乗せてもおいしい

 

ー 最後までお読みいただきありがとうございました -

 

▼ エプロンはずり落ちにくいものを愛用中です

www.rnizulog.com

 

▼ お問い合わせはこちらからお願いいたします

tayori.com